Information
現在、社会的課題として、 「SDGsな取組み」「ウィズコロナ対策」「高齢化社会への対応」の取組みが注目されています。これらの、社会的課題に対する取組みに役立つ「はかり活用システム」をご紹介します。
現在、社会的課題として、次のような取組みが注目されています。
1) SDGsな取組み
 2030年までに、世界が協力して達成しなければならない世界共通の目標に向けてのSDGs「持続可能な開発目標」な行動が求めらています。
2) DX(Digital Transformation)の推進
 DXとは、IT技術を使って仕事や日常生活を改革するという考え方のことを指します。
 近年では、このDigital Transformationなしに事業を継続していくのは難しくなるともいわれています。
3) 高齢化社会への対応
 団塊の世代が2025年には75歳以上となり、その人口は3,677万人に達する見込みで進行する高齢化への対応が必要です。
 高齢者の体重減少は健康リスクとなることが分かってきており、体重減少を予防することの重要性が高まっています。
4) WITHコロナ時代への取組み
 新型コロナウイルスの感染予防として広まったテレワークの影響で、成果主義が注目を集めています。
 生産現場でも、仕事での成果に基づく報酬など、経営の在り方に創意工夫が求められています。

1) SDGsな取組み - 【 廃棄量記録システム 】

SDGsな取組み - 廃棄量記録システム

2) DX(Digital Transformation)の推進

【 保管量記録システム 】
DX(Digital Transformation)の推進 - 保管量記録システム
【 適正量判定システム 】 
適正量判定システム(TK Weight System)

3) 高齢化社会への対応 - 【 体重記録システム 】

高齢化社会への対応 - 体重記録システム

4) WITHコロナ時代への取組み - 作業量記録システム

WITHコロナ時代への取組み - 作業量記録システム
カウンティグスケール-個数はかり
Bluetooth付きはかり大集合 Bluetooth付きはかり用アプリ
はかり・分銅専門ショップ YouTube DIGITALKINOSチャンネル